itsy's blog

毎日少しでも成長することが目標です。情報系企業研究者、社会人博士課程に在籍中

計算機プログラムの構造と解釈

計算機プログラムの構造と解釈

計算機プログラムの構造と解釈


本日は 292/366 ページまで。
4章読み終わった。えらい時間かかった。
この章は実際に実装を作ってみないと、納得した気にならなそうだ。
higeponさんのC++実装をしばらく読んでみようと思う。
http://d.hatena.ne.jp/higepon/19700103/1145105233

起きていることはすべて正しい

はじめに:“メンタル筋力”と「運をつかむ勝間式4つの技術」
第1章:「偶然を幸運に変える」セレンディピティの技術
第2章:勝間式技術1【広げる】 あなたの潜在意識が目覚める!脳内フレーム120%活用法
第3章:勝間式技術2【絞り込む】「99%捨て、1%の本質をつかむ」即断即決法
第4章:勝間式技術3【殖やす】 「4つのダイヤ」を引き寄せるパーソナル資産増強法
第5章:勝間式技術4【調和する】 勝間式人間関係の兵法――「5つのわがまま力」で年収が20倍になった秘密
おわりに:起きていることはすべて正しい
本文中に出てきた書籍&オーディオブック25
巻末付録1:運を切り拓く「勝間語」事典
巻末付録2:運を戦略的につかむ「勝間式グッズ」

勝間さんの本であるが、仕組みではなく、思考法がメインの本でした。
他の自己啓発本と違って、とにかく本人や周囲の事実に基づく話があって納得させられました。
起きていることはすべて正しいと、自分や他人、環境を客観的に見ることで成長できる環境ができてくるということだと思いました。
まずは他人を妬まず、自分より成功している人は何故成功したのかを分析することが、自分にはできていないと強く思いました。

実践したいことは、山ほどあったのですが、まずは三毒追放から始めようと考えさせられました。