itsy's blog

毎日少しでも成長することが目標です。情報系企業研究者、社会人博士課程に在籍中

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


確率的な考え方の重要性がわかった。
また人間の脳は確率的な考え方をするのが苦手であり、実際に起こったことは
その他の起こりうることのうちの中から確率的に起こったものであるという見方
が必要だと思った。

はじめに:知識を真に受けてはいけない
改訂第二版での謝辞
各章の要約
プロローグ:雲に浮かんだモスク

第I部 ソロンの戒め:歪み、非対称性帰納
第1章 そんなに金持ちなら頭が悪いのはどうしてだ?
第2章 奇妙な会計方法
第3章 歴史を数学的に考える
第4章 たまたま、ナンセンス、理系のインテリ
第5章 不適者生存の法則:進化は偶然にだまされるか?
第6章 歪みと非対称性
第7章 帰納の問題

第II部 タイプの前に座ったサル:生存バイアスとその他のバイアス
第8章 あるいはとなりの億万長者でいっぱいの世界
第9章 卵を焼くより売り買いするほうが簡単
第10章 敗者総取りの法則:日常の非線形
第11章 偶然と脳:確率をわかるのに不自由

第III部 耳には蝋を:偶然という病とともに生きる
第12章 ギャンブラーのゲンかつぎと箱の中のハト
第13章 カルネアデス、ローマへきたる:確率論と懐疑主義
第14章 バッカスがアントニウスを見捨てる

エピローグ:ソロンの言うとおり
あとがき:シャワーを浴びながら振り返る
第一版での謝辞
訳者あとがき
図書館へ行く:付注
図書館へ行く:参考文献
索引