itsy's blog

毎日少しでも成長することが目標です。情報系企業研究者、社会人博士課程に在籍中

勝間和代の日本を変えよう

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan


共働きの家庭で女性がパートナーから言われて嫌なことばが「手伝う」という言葉であるという点に考えさせられました。
結婚してないけど、自分が結婚してたらきっと「手伝う」という感覚で家事をしてただろうと思いました。
数少ない自分が少子化に貢献できることといえば、結婚したときに家事を自分の仕事として分担することだと考えさせられました。

第1章 若い人が暗い国

悲観と楽観

I職場の憂鬱
「勉強法ブーム」が示すもの
かなり「やばい」日本のビジネス力
効率のよさと競争力のバランス
上司世代の問題

II3つの変化
1情報の革命
2「クリエイティブ」の必要性
3フリーランス志向の高まり

III若者たちを明るくしよう


第2章 西原理恵子さんと、最強ワーキングマザー対談

女の人は働いたほうがいい
スカートは、はかない
日本は子どもに冷たい国
「手伝う」って言うな
ひどい会社から逃げよう
私立ならどこでもいい病
おばあちゃんは絶対必要
社員の未婚、社長さんも悩んでます
手に職、大事ですよね
日本は貧困にも冷たい
世界の貧困、何とかなるかも
勉強法、ドーパミンが出るように
もっともっと、子どもにお金を
西原理恵子「勝間さんとわたくし」


第3章 女性が産める、働ける国へ

無関心なマジョリティ
空気の差別
女性を「こき使う」戦略
少子化対策をいかに仕組み化するか
旧モデルと新モデルのはざまで
家事の負担に関するヒント
家庭をもとうよ
私たちのミッション


第4章 雨宮処凛さんと、脱・ワーキングプア対談

違う世界の話
ノルマで命が奪われる
絶対だれかがキレ始める
中高年の割を食っている
10年後の爆発
現実に向き合えるか
勝てない若者
非正規の均等待遇
国力が単純に下がっている
貧困という絶望
まずは知らしめること


第5章 NYで考えたポスト資本主義

インセンティブ体系の不全
NYの最新風景
グローバリゼーションの行き詰まり
資本家の細分化
社会起業家の挑戦
途上国支援の試行錯誤
私自身の試み

勝間和代の日本を変えよう 15の提言