itsy's blog

毎日少しでも成長することが目標です。情報系企業研究者、社会人博士課程に在籍中

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)


専門家ほど、自分でも説明できないが感覚的な何かで、優れているものを判断できることが説明されていました。
情報が多いときにかえって誤った判断をする例として、病気の診断があげられていました。
物事を判断するときに、重要な情報のみに絞って判断することの重要性を感じました。

第1章 「輪切り」の力―ちょっと情報で本質をつかむ
第2章 無意識の扉の奥―理由はわからない、でも「感じる」
第3章 見た目の罠―第一印象は経験と環境から生まれる
第4章 瞬時の判断力―論理的思考が洞察力を損なう
第5章 プロの勘と大衆の反応―無意識の選択は説明できない
第6章 心を読む力―無意識を訓練する